絵手紙をはじめよう!へようこそ♪

スイセンの花

絵手紙をはじめよう!にご訪問ありがとうございます♪

 

このサイトは、私が絵手紙サークルで教わった絵手紙の書き方のポイントやコツ、道具、絵手紙作品などを掲載しています。ほかに絵手紙の通信講座や本などの情報もご紹介しています。

 

パソコンや携帯電話・スマートフォンで簡単にメールができる今だからこそ、相手の心に響く手書きの絵手紙を始めてみませんか?

 

絵手紙とは

なす

絵手紙」という言葉は絵手紙の創始者・小池邦夫先生がつくられました。
「絵手紙」とは、簡単に言うと「絵のある手紙」のことです。

 

絵手紙は、ハガキの裏面に花、野菜、風景などの絵を描き、近くに言葉を書き添えるのが一般的です。

 

羽子板

ほかには、大きな巻紙や封筒、箸袋、季節によって、雛祭りはハマグリの貝殻、暑中見舞いはうちわ、年賀状は羽子板にも描いたり、絵手紙入りの名刺やカレンダーを作っても素敵です!
(うちわ・羽子板とも定型外郵便で送ることができます)

 

旅先から、旅の思い出に風景を描いた絵手紙を投函するときは、風景印を押してくれる郵便局がオススメですよ♪

 

 

 

私は、近くの絵手紙サークルで基本から教えていただきましたが、小池邦夫先生の本など絵手紙関連の書籍も多数ありますので、ご覧になってください。

 

また、お近くに絵手紙教室やサークルがない場合は、自宅でできる通信講座がおすすめです。
小池邦夫先生の絵手紙通信講座(NHK学園)、ユーキャンの絵手紙講座などがあります。

 

絵手紙の基本のページへ