絵手紙で使う道具

絵手紙で使う道具をご紹介します。
日本絵手紙協会推薦の絵手紙基本セットなら、すぐに始められます。

画仙紙はがき、顔彩(20色)、線書き用筆(中)、彩色用筆(中)、青墨、印泥、梅皿4寸が入っています。

 

画仙紙はがき 硯(すずり) 顔彩

絵手紙は、味わいのある表現ができる「画仙紙はがき」を使います。
官製ハガキよりにじみ、かすれが美しく、深みが出ます。

絵手紙用の硯です。

 

私は、書道用の硯と同じものを使っています。

絵手紙に色をつけるときに使う絵の具です。(20色)

 

黄色など、よく使う色は単色で買うこともできます。

線描き用の筆 彩色用の筆 落款印

絵手紙では2種類の筆を使います。
線描き用は、穂先が長く細い筆で、線や文字を書くときに使います。

絵手紙で線を描いた後、色をつけるときに使う筆は、穂先が短く太い筆です。
私は、中と小の2本を使っています。

落款印は市販のものを購入しなくても、消しゴムを使って自分でも手作りできます。
私はトモミなので、「と」と「ト」をつくりました。

青墨 梅皿 印泥

絵手紙は、青墨を使います。
書道用の墨より青みがかった淡い色に仕上がります。

 

 

絵の具皿で顔彩を水で溶いたり、混ぜ合わせたりするときに使います。

印を押すときの朱肉です。
落款を押すことで、絵手紙に作品がぐっと引き立ちます。

このほかに、筆洗、筆巻、書道用の下敷、ティッシュペーパーがあると便利です。

 

 

トップページへ | → 絵手紙は線の練習からのページへ

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。